水筒(ステンレスボトル)の保温性能アップ お米の長期保存と防災

水筒(ステンレスボトル)の保温性能アップ(続)




水筒は ZOJIRUSHI 真空ステンレスボトル 500ml SV-GG50 です。

水筒(ステンレスボトル)にできるだけ熱いお湯を入れて、12時間後のお湯の温度を測定。
水筒は同じ物が2つあり、シルバーは1年前の購入して使い倒しています。
水筒の栓に少しだけヒビが入っていたように思います。
ブルーの水筒は今回、購入しました。
温度計は300度まで測ることができる物を購入。水筒に熱湯を入れて内部の温度を調べてみたのですが、何度かお湯の温度が100度を超えました???
(最高102.5℃まで上がりましたので沸騰100℃を102.5℃とお考えください)

■水筒をそのまま 立てて放置
◎ 1回目 テスト時の気温 10~13度
  シルバー ブルー
AM9:15開始 101.1℃ 100.4℃
12時間後 70.5℃ 71.2℃
降下温度 30.6℃ 29.2℃
◎ 2回目 テスト時の気温 10~13度
  シルバー ブルー
AM9:25開始 101.1℃ 99.8℃
12時間後 70.9℃ 70.5℃
降下温度 30.2℃ 29.3℃


■逆さまにして放置
◎ 1回目 テスト時の気温 13度前後
  シルバー ブルー
PM9:00開始 101.5℃ 101℃
12時間後 74.9℃ 76℃
降下温度 26.6℃ 25℃
◎ 2回目 テスト時の気温 12.5~17度
  シルバー ブルー
AM10:00開始 99.3℃ 99℃
12時間後 72.8℃ 73.5℃
降下温度 26.5℃ 25.5℃


■逆さまにして保温材を巻いて放置
◎ 1回目 テスト時の気温 12~13度
  シルバー ブルー
PM10:00開始 99.5℃ 99.5℃
12時間後 73.3℃ 74.1℃
降下温度 26.2℃ 25.4℃
◎ 2回目 テスト時の気温 13~15度
  シルバー ブルー
PM10:20開始 101.5℃ 101.8℃
12時間後 75℃ 76.5℃
降下温度 26.5℃ 25.3℃

熱湯を入れて12時間後、立てて保存した場合と逆さまにして保存した場合では約4~5度あたたかいお湯のまま保存することができました。
真空ステンレスボトルなので、保温材を巻いても巻かなくても あまり差が出ませんでした。
実は、朝に水筒に入れたお湯を使って夕方にコーヒーを淹れているのですが、この4~5度でかなり口当たりが変わります。


ステンレスボトルに入れたお湯の降下温度を抑えようと考えるよりも まず重要なことは、水筒にお湯を入れる時の温度です。

なぜか100℃以上のお湯の温度を計れる温度計で調べてみました。
約600mlのお湯を沸騰させて102.5℃になった時に、温めていないステンレスボトルにお湯を入れた時のお湯の温度と、コンロの火を止めてから、ステンレスボトルにお湯を入れて内部を温めてから もう一度お湯を入れた時のお湯の温度と比べてみました。

  水筒内部を温めない 水筒内部を温める
開始時 ケトルのお湯の温度 102.5℃ 102.5℃
直後の水筒内の湯の温度 99℃ 99℃

ほとんど変わらないことが判明。
なぜでしょうか?
あわせて以下の実験も行いました。

ケトルに600mlほどの水を入れて沸騰させて100℃になったときに火を止めて降下温度を測定。(テスト時の気温は約16℃)
開始時の温度 100℃
1分後の温度 95℃
2分後の温度 90.4℃

600mlほどのお湯の場合、100℃近辺では 10秒間に1℃近く下がっていくことが判明。
コンロの火を止めてからステンレスボトルにお湯を少し入れて内部を温め、そのお湯を捨ててから再度 お湯を入れると その時点で温度の下がったお湯を入れることになります。
この結果から、ステンレスボトルの内部を温めて沸騰したお湯を入れるまでコンロの火を止めないことが重要だということが判りました。

最後にひとつだけ注意点。
これはできるだけ熱いお湯を熱いまま長時間保たせるためのテクニックなのですが、途中で一度でもお湯を使ってしまうと中に冷たい空気が入り込むため、その後 お湯の温度が下がりやすくなってしまいますので注意してください。

<< 前のページに戻る

---MENU---

HOME
お米の劣化と対策

*********************************
- 新着情報-
脱酸素剤をもう一度使ってお米を保存
新米のお米を一年中おいしく食べたい人のためのお米の保存方法
*********************************

(おすすめの密閉方法)
■ - シーラーで長期保存-
クリップシーラーでポリ袋を閉じる
激安シーラーで密閉
ガスバリア袋は最強
お米をシーラーで小分けする閉じ方
お米をシーラーで小分けする閉じ方2
脱酸素剤をもう一度使ってお米を保存

ポリ袋を2重にして閉じる
シーラー溶着ミス防止 2回 閉じる
シーラーでのシール状態
大きなポリ袋をシーラーで閉じる
5kgのお米の脱酸素保存方法

■ -ネルパック-
ネルパック(お米保存袋)を使う
ネルパック付属のガッツ棒を再利用
ネルパックのガッツ棒を再利用して小分け
ネルパックのガッツ棒の再利用(閉じ方)
ネルパックのガッツ棒 再利用で何ヶ月もつか?

(短期保存用の密閉方法)
■ -0.08mm厚ポリ袋-
ケーブルカバーを利用する
クラフトバンドを使う
ガムテープで閉じる
ペットボトルで お米を保存

(失敗した密閉方法)
■ -0.04mm厚ポリ袋-
水枕の締め金具で留める
水道のホースバンドを利用
お米をジップロックで脱酸素保存してみる

■ -お米劣化テスト-
お米の劣化テスト
お米の劣化テストの画像

■ -ポリ袋でご飯を炊く-
ポリ袋でごはんを炊いてみる
サーモス真空保温調理器でポリ袋のご飯を炊く
水筒を使ってごはんを保温調理する
ポリ袋でご飯を炊くのに何分かかるか
1年半前の長期保存白米をナイロン袋で炊く
2年半前の長期保存白米をポリ袋で炊く
3年前の長期保存白米をポリ袋で炊く
災害時のご飯の炊き方(まとめ)
PR

■ -その他-
真空パック用ポリ袋等の信頼性比較
シーラーで何ができるか

安いお米をさらに安く購入する方法
お米は安い時に買って保存しておく
新米のお米を一年中おいしく食べたい人のためのお米の保存方法
お米の計算など
飲料水の備蓄
格安スマホと格安simカードで電話料金を安く
格安simフリー携帯端末を大まかに比較
格安simカード(MVNO)を比較
スマホ+simカード+IP電話を構築

真空保温調理器の温度低下を比較
真空保温調理器の構造を提案
言葉がお米の保存に役立つか(1)
言葉がお米の保存に役立つか(2)
言葉がお米の保存に役立つか(3)

災害時に最低限の電力を確保したい
水筒の保温性能を向上させよう1
水筒の保温性能を向上させよう2
加齢臭対策・肌のかゆみ、あせも対策
蚊退治 ボウフラ対策